リスニングパワーの欠点とは

リスニングパワーの欠点とは

リスニングパワーの教材は万能か?というと
そんなことはないという部分はあります。

 

 

ではどの部分が良くないのでしょうか。

 

それは以下の内容です。

 

 

分量として決して多くはない

CDにすると2枚分の分量になりますので大量の英語の
シャワーを浴びるというような活用法には向いていません。

 

むしろ精聴ということでじっくり聴くということが中心の対策に
なります。

 

その分、英語耳についてのトレーニングとしては良いのでしょうが、
絶対的な量で不足している部分はあるので、この教材だけで
完璧に何でもできるようになるというものではありません。
あくまで基礎固めをして次に進むための教材、
または副教材として利用するスタンスになると思います。

 

 

日本語ナレーションが邪魔になる

 

最初のうちは日本語ナレーションも良いのですが、
日本語なので、もちろん利用する人全員が聴きとれます。

 

英語は繰り返し聴くことの意味がありますが
日本語も一緒に聴くことになってしまいますので
この部分について何度も聴くと邪魔になってしまうと
いう可能性があります。

 

 

テキストはやや不親切

 

聴くことを前提とした教材であり、テキストはあるものの
その分量とクオリティに関してはやや不親切といわざるを
得ないでしょう。

 

いかにも海外の方が監修したという感じであり、日本人が
作ったような丁寧さはないというところがあります。

 

実際テキストを見るのは最初の1回程度であとは聴く方に
シフトするとは思いますが、この点に関しては工夫できる
点ではないかと思えるところはあります。

 

 

上記の内容が欠点というところになります。
英語教材は全てにおいて優れているというのは難しいと思います。
他と比べ安い教材である、英会話レッスンの数回分の金額であるということも
あり、トレーニングとして利用する分には良いのではないでしょうか。

 

 




inserted by FC2 system